このページの先頭です
ここから本文です

神戸 新開地エリアグルメ散歩前半(兵庫駅~新開地駅~神戸駅)2016年10月

新開地エリアグルメ散歩前半(兵庫駅~新開地駅~神戸駅)2016年10月

消費カロリー
617.2kcal
歩 数
19,358
時 間
318min
距 離
11.75km

1 Boulangerie recolte

Boulangerie recolte どのパンもとても良い表情をしていて、パン好きの方々が焼いたパンである事は一目瞭然。スタッフさん達と松尾シェフ間の良い関係も垣間見れ、ほっこりした気分に。購入したパンはどれも美味しく、通いたくなる1軒。次回は予約必須の絶品湯種食パンを買いに行きたい。

住所/兵庫県神戸市兵庫区大開通7-5-16
☎/078-599-6436
営業時間/7:30~18:30
お休み/日曜日・月曜日

2 福進堂

福進堂 2016年で創業82年の新開地に本店を構える老舗和菓子店。運よく名物の「瓦まんじゅう」を作っているところを拝見する事ができた。(毎日ではないので、注意!)翌日にいただいたが、しっとり柔らかく、美味しい!!

住所/兵庫県神戸市兵庫区新開地5-2-14
☎/078-575-3125
営業時間/9:00~20:00
お休み/無休

3 甘味処 福茶庵

甘味処 福茶庵 福進堂のすぐ隣に、2016年10月15日にオープン。一押しメニューはこだわりぬいて決定した、宮城県蔵王山麓の恵みのソフトクリーム。とても濃厚でしっかりとした甘さなのに、後味はすっきり。自家製プリンとあわせた「プリンサンデー:550円」(画像参照)がお薦め。
その他福進堂で作り上げるぜんざいと、みたらし団子もさすが…レベルが高い。ぜひご賞味を。

住所/兵庫県神戸市兵庫区新開地5-2-14
☎/-
営業時間/9:00~17:30
お休み/水曜日

4 大和家ベーカリー

大和家ベーカリー 現在のオーナーで3代目。昔ながらの味も守りつつ、新商品の開発にも力を入れている。毎月第4土曜日に開催されている「湊川公園 手しごと市」には農家さん達の作った無農薬の立派な野菜を使用し、ボリュームたっぷりのサンドウィッチを販売されているそう。食パンには最近開発された、米麹を使用したキメの細かいしっとりした食パンを使用している。こちらもお店の人気商品。また、生クリームのみで仕込んだスコーンは、スコーン通をうならせるお味。

住所/兵庫県神戸市兵庫区新開地5-2-13
☎/078-575-4106
営業時間/7:00~23:00頃
お休み/土曜日

5 神戸アートビレッジセンター

神戸アートビレッジセンター 気軽に参加できる、ワークショップの案内等の情報を得る事が出来る。施設内にはたくさんのフライヤースペース、ゆっくりと寛ぐ事のできるベンチスペースがあり、どちらも誰でも使用する事が可能。地域のコミュニティースペースとしても機能しているよう。
新開地の総合カルチャーポイントであり、ランドマーク的存在。

住所/兵庫県神戸市兵庫区新開地5-3-14
☎/078-512-5500
営業時間/10:00~22:00
お休み/火曜日

6 お食事処 トシヤ

お食事処 トシヤ 真っ黒な焼きそばの正体は「和蕎麦」。焼きそば用の和蕎麦も、うどんも、調味液も店内での自家製。いただいた「味噌煮込みうどん」もわざわざ名古屋まで味の研究に行く徹底ぶり。焼きそば、味噌煮込みうどん共に美味しく、また定食の赤だしをかす汁に変更でき、このかす汁が美味!!とても濃厚で具だくさん。大満足。
とってもチャーミングな社長様と娘様を中心に活気に溢れ、地域に愛されているお店。

住所/兵庫県神戸市兵庫区新開地6-2-25
☎/078-575-6658
営業時間/11:30~19:40
お休み/木曜日

お散歩ちょこっと掲示板

写真01

写真02 兵庫駅~大開駅~新開地駅
今回はグルメ散歩に加えて、少し防災関連のお話しをご案内致します。新開地の町中にも、いつかの災害に備えて写真のような避難場所の案内がありました。
何気ない日常の中でも、常に意識を傾け是非皆さまの町の避難場所が何処なのか探して頂きたいと思います。今回は食べられる植物?も意識してお散歩をしました。これは…!と思うような植物も…。今後も調査を進めたいと思います。

また、新開地にはレトロな映画館があります。映画好きには興奮がおさまらない神聖な場所になること間違いなしです。

前半コースでは、多くのおもてなしを経験させて頂きました。
「レコルト」のシェフとスタッフの皆さんのご親切なおもてなし、「福進堂」の私達の突撃訪問にも心温まるおもてなし、「大和家ベーカリー」の販売上手なお姉さんの笑顔のおもてなし、「食事処 トシヤ」の繋がりの大切さを学ぶおもてなし、そんなおもてなしの温かさ胸に感じながら後半のコースへと進むスタッフでした。

ページトップへ